「新女王アリ」と「コロニー」最初に蟻を飼育するならどっち?

初めてアリを飼育するとき、アリ販売ショップでアリを購入する方も増えてきましたね!でも、アリを購入するときに種類だけで選んでいませんか?
実は初めてアリを飼育する時に忘れがちなポイントがあります。それが、コロニーを買うか、新女王アリを買うかです。
果たしてどちらがベストなのか、一緒に考えていきましょう!

▼アリを購入する方法は下記記事が参考になります!

アリの販売形態はコロニー、新女王2つある

現在、アリをネットショップなどで購入する場合、主に2つのタイプを購入することができます。一つが「アリのコロニー」、もう一つが「新女王アリ」です。
どちらも同じアリですが、根本的に違う点が存在します。それぞれ詳しく見てみましょう。

コロニーとは?

アリのコロニー
まず、コロニーについてご説明します。コロニーとは、アリの一つの集団のことで、簡単に言うと家族の様なものです。コロニーの中には、女王アリや働きアリ、卵や幼虫が集団となって生活しています。
「コロニーで販売されている」ということは、すでに集団が完成しており、女王アリを中心とした社会性のあるアリの姿を見ることができます。

新女王アリとは?

アリの新女王アリ
名前の通り新しい女王アリです。簡単にご説明すると、結婚飛行にてオスとの交尾を終え、翅を落とした状態の女王アリが販売されています。
この場合、働きアリはおらず”女王アリだけ”の場合や、”卵や幼虫と女王アリがセット”になっている場合があります。
まさに、新しいコロニーを創設する一番最初の段階です。

それぞれの良い点悪い点

コロニーを選ぶか、新女王アリを選ぶかは、飼育の方向性である程度選ぶことができます。それぞれのメリットをまとめてみましょう。

コロニーのメリット・デメリット

メリット

  • 楽に飼育を始められる
  • 既に集団が安定している
  • 餌やりが楽しい
  • 失敗しにくい

デメリット

  • 新女王アリより高価
  • 何年目のコロニーかがわからない
  • 大きな飼育ケースが必要な場合がある

コロニーを購入するメリット・デメリットはこのような感じでしょうか。集団が安定しており楽に飼育を開始できます。また、新女王アリに比べて失敗しにくいのがメリットですね。その反面、新女王アリに比べて販売価格は高価になりがちで、働きアリの数が多くなるほど高くなる傾向があります。
また、販売されているコロニーの多くは何年目のコロニーかが分からないのも欠点です。販売者さんが新女王蟻から飼育してコロニー化されていない限りは何年目かは分からないですからね。

新女王アリのメリット・デメリット

メリット

  • 比較的安価
  • 新女王アリから巣の創設を観察できる
  • 小さな飼育スペースから始められる

デメリット

  • コロニー形成前のためやや不安定
  • 失敗する可能性がコロニーより高い
  • 動きの変化が少ないので飽きやすい

逆に、新女王アリのメリットは安い値段で購入できることが大きいでしょう。シーズンになれば、1000〜3000円ほどで購入できる場合もあります。
そして、巣の創設という最も貴重な姿をこの目で観察できるのも”コロニー”と違い新女王アリならでは。アリを飼育したいと考えている方なら、一度は見てみたい姿ですよね。
しかし、新女王アリにもデメリットがあります。それは、”コロニーからの飼育よりも不安定”ということです。まだ働きアリもいない状態から飼育が始まりますので、全く安定しません。失敗する可能性が高くなるのもそのためです。

コロニーは誰におすすめ?

では、新たにアリの飼育を始めるとき、「コロニー」が向いているのはどんな人でしょうか。
私の感覚だと、

  • あまり飼育に自信がない
  • 手っ取り早く飼育したい
  • 失敗しないか心配
  • とりあえずアリの生活を観察してみたい

こんな感じで、より”安定感””手っ取り早さ”を重要視している方に向いていると思います。

新女王アリは誰におすすめ?

次に、新女王アリが向いている人については、

  • 生き物の飼育にある程度慣れている
  • じっくり育てたい
  • 一から始めたい
  • 小さなスペースで飼育をスタートさせたい

このように、”ある程度自信がある方”や”一からスタートしたい”という方に向いています。

ズバリ、”新女王アリ”と”コロニー”どちらがいいの?

「それぞれの特徴はわかったけど、結局、どっちがおすすめなの?」と思われたあなた。
最後に私の個人的な考えを述べておきます。

私自身はどちらでも良いのではないかと思っています。
新女王アリにもコロニーにも、全く違ったメリットがありますが、アリを飼育することに違いはありません。

ですから、あとは難易度の高い低いの違いアリのどの状態を観察したいか(巣の創設を見たいのか狩りを見たいのか、など)、など上記のメリットデメリットで判断するのが一番良いのではないでしょうか。

私は一番最初に、「クロオオアリの女王アリ1頭、働きアリ5頭ほどのコロニー」と「キイロシリアゲアリの新女王4頭」の両方でアリの飼育を始めました。
結果的に、クロオオアリのコロニーは数百匹のコロニーに成長していますし、キイロシリアゲアリの新女王も数百〜数千のコロニーになりました。

仮に失敗してしまったとしても、それも一つの経験です。
「自分に向いていそうだな」、そう思った種類を選ぶのが、視野を狭くする必要もなく良い判断ができると思いますよ!

おまけ

もしも「新女王アリから飼育を始めたいけどあまり自信が無い…!」という方におすすめの新女王アリを少しだけご紹介しますね!
5月ごろのクロオオアリ、ムネアカオオアリ
6月ごろのクロヤマアリ
7月ごろのケアリ(トビイロケアリ等)
これらヤマアリ系は新女王アリが結婚飛行後1ヶ月前後で最初の働きアリが誕生する生育スピードの早い種類です。
コロニー化まで比較的短い期間で到達できますので、「どうしても新女王アリが良い」という場合は参考にしてみてください。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事