アリの飼育を始めよう!アリ飼育マニュアル【初心者対応版】

アリ飼育

最近、ペットとして人気が出始めている”蟻”の飼育について、初めての方でもわかるようにまとめていきます!

「蟻がペットになるの?」「何言ってるの?」そう思われた方、アリはペットとして密かに人気なんですよ〜。マニアックなアリ好きの方々から、手軽なペットとして蟻を飼い始めた方まで、多種多様の方々にアリの飼育は支持されています。むしろ、クロオオアリを始めとする国産の普通種のアリ飼育は、昆虫や爬虫類などの飼育に精通した人よりもペット不可の賃貸アパートで手軽にペットを飼育したい!という方々に大人気なのです。

ということで、クレイジージャーニーなどテレビでも話題のアリ飼育について、その方法をみていきましょう!


アリは手軽なペットになる!

ペットというと何を思い浮かべますか?犬、猫、小鳥…いろいろありますよね!どれも可愛いペットですが、結構そのハードルは高いものです。手軽なものとして、ハムスターやヒョウモントカゲモドキなどのペットも大人気ですが、それに勝るとも劣らないレベルにあるのが蟻の飼育なのです。

蟻を飼育するなんて何が面白いのか…。そう思われるかもしれませんが、このページを見ているってことは、あなたも蟻に興味があるってことですよね?アリは本当に手軽に、かつ飽きることなく飼育ができる超オススメなペットなんですよ!

アリを手に入れよう!

アリを手に入れる方法は「自力で採集する方法」が蟻好きの人(アリをやってる人)からすると当たり前ですが、ペットとして蟻を飼育したいという方には一気にハードルが上がってしまいますよね。そこで、私は蟻を購入する方法をおすすめします。

びっくりされるかもしれませんが、蟻はネットで購入することができるのです。その購入方法についての考察は下記の記事に詳しく書きましたので御覧ください。

アリを購入する方法!どこで買えるの?


上記の蟻販売専用サイトやヤフオク!などのオークションサイトで蟻を簡単に購入することができます。
ちなみに、アリを自力で採集したい!という方は、吸虫管というアリ採集の秘密兵器を使いましょう!簡単な自作方法をご紹介しますので、自力採集に興味がある方は参考にしてみてくださいね!

吸虫管の作り方!超簡単な昆虫採集!

それでは、まずは初心者におすすめの蟻をご紹介します!

はじめてのアリ飼育のおすすめのアリ

クロオオアリ

クロオオアリ
日本最大のアリ。初めて飼うならまずオススメしたいのがクロオオアリ。とにかく黒くて大きなアリです。このアリは5月から6月が繁殖期なので、購入できるのもその時期が中心となります。クロオオアリは初年度こそ10匹くらいのコロニーで越冬しますが、2年目になると50匹を超えるコロニーになり巣の成長が楽しめるアリです。単純に大きいってのも見ていて楽しいアリですよ。5月から8月くらいに購入を検討しているなら、アリの販売サイトでの取扱があると思いますので最有力候補として考えてみてください!

ムネアカオオアリ

ムネアカオオアリ
クロオオアリ同様に飼育しやすいアリです。こちらも日本最大級の大きさのアリ。クロオオアリとの違いは胸の色が赤いところです。クロオオアリよりも涼しい環境で生活している種類のため、飼育難易度はクロオオアリより高くなりますが、アリ全体で見れば丈夫で飼育のしやすい種類です!ムネアカオオアリも6月から8月ごろに販売サイトで取扱があるのでその時期に購入を検討中ならオススメです。

トビイロケアリ

トビイロケアリ
とにかく丈夫で飼育難易度が低いアリがトビイロケアリ。7月が繁殖期のアリで、毎年7月以降に市場に出回るアリです。女王アリが1年目から卵を大量に産むため、1年目で巨大なコロニーを構築させることが可能です。上の2種類に比べると小さいアリですが、すばしっこい動きが可愛らしく人気のアリの一つです。販売価格が安いのも魅力の一つですね!

キイロシリアゲアリ


私の好きなアリの一つがキイロシリアゲアリ。このアリは小型種のため迫力はありません。でも、女王の丈夫さや餌の選択性のなさ(なんでも食べてくれる)が魅力です。そして、上記のアリとは違う黄色いフォルムが飼育していて宝石のような美しさで大きな魅力といえますね!しかも、どのアリよりも安いので迷ったらキイロシリアゲアリで間違いないでしょう。ちなみに9月以降がキイロシリアゲアリが市場に出回る時期です。

その他

この4種類以外にも、オススメのアリはたくさんあります。たとえば、「トビイロシワアリ」「クロヤマアリ」「クロナガアリ」でしょうか。ペットとしてアリを飼育するなら、まずこの辺りのアリを購入するのがおすすめですよ!ちなみに、「パラポネラ」や「クワガタアリ」「トゲアリ」「ヨコヅナアリ」「アギトアリ」などはカッコいいのですが、飼育は難しいので初めての場合は避けたほうが無難です。

アリの飼育難易度

アリの種類ごとの飼育難易度をまとめました!完全に個人的な感覚なのであしからず。

容易
クロオオアリ、ムネアカオオアリ、トビイロケアリ、キイロシリアゲアリ、クロヤマアリ、オオズアリ、など
普通
トビイロシワアリ、クロナガアリ、アズマオオズアリ、オオハリアリ、サクラアリ、ヒメアリ、ミカドオオアリなど
難しい
アギトアリ、クワガタアリ、サシハリアリ、トゲアリ、アミメアリ、アメイロケアリ、クロクサアリなど

アリ飼育に必要なもの

アリだけ買っても良いのですが、同時に飼育するときにあると便利な道具を揃えておきましょう!アリは体の大きさだけで考えると短命に見えますが、女王は10年も生きる長寿の昆虫です。働きアリも1年〜2年ほどの寿命があるので、長期戦になる飼育を覚悟してくださいね!その際に、飼育用品がしっかり揃っているか揃っていないかでは、飼育管理の楽さ、楽しさも変わってきますよ!

アリ飼育で用意するべきグッズ

用意したいのは上記ですね!それぞれの使い方をご説明していきます。

アリ飼育ケース

初めて飼育するなら平面ケースがオススメ。アリの巣型飼育ケースに憧れますが、これはコロニー(巣)がある程度大きくなってからがおすすめです。2年目以降に導入を考えてみてください!

これが平型飼育ケース。このページでは、平型飼育ケースの作成方法をご紹介しています。こちらも参考になります!

【プロ仕様】アリの平型石膏飼育ケースを自作しよう!

エサ場

アリの飼育容器
飼育ケースに接続させてエサ場として使用します。飼育ケースだけだとエサを与えることが難しいので、必ずエサ場を用意しましょう!上の写真は餌場と飼育ケースをつなげた状態です。

チューブ

チューブはエサ場と飼育ケースをつなぐ通路として使います。エサ場をネットで購入するとチューブも同梱されている場合が多いですよ!
▼私が使っているチューブと同じ直径のビニールチューブ
ビニールチューブ8mm

シリンジ

シリンジ
飼育ケースには保湿用で石膏が敷いてあります。この石膏に水分を補給するための道具として使います!蟻の飼育は湿度が大切です。飼育ケースは乾燥しないようにシリンジなどで1〜2ヶ月に1回水分を補給してあげる必要があります。
・シリンジ10ml

餌皿

アリの餌皿
餌場にエサを直接置いてしまうと汚れてしまいますので、餌皿を用意してエサの管理をすると巣や餌場を清潔に保つことができます!アリ専用の餌皿はなかなかありませんので、ペットボトルの蓋を使ったり、ビニールチューブを縦に3等分して簡易的な餌皿をつくることもできます。

ピンセット

ピンセット
餌皿の取り出しや、餌場のゴミの取り出しなど、ピンセットは絶対に必要な道具の一つですね!1本でも十分ですが、色々な種類のピンセットを持っていると用途に合わせて使うことができますよ〜。
・ピンセット

ミクロスパーテル

ミクロスパーテル
小さなスプーンのような道具です。エサを餌皿に分けたり、エサを混ぜ合わせるときに使います。
・ミクロ スパーテル(薬さじ)

蒸発皿、乳鉢などの小皿

小皿
エサを混ぜ合わせるときに重宝する小皿は1つ準備しておきましょう!アリ飼育専用のものがあると便利ですよ。
・蒸発皿

筆
蟻を移動させるときや脱走されたときなど、筆があるとアリの回収に何かと役立ちます。必須ではないですが、あると便利な道具ですね。

エサ

アリのエサ
エサは何を用意すべきでしょうか?オススメはメープルシロップ、黒糖、はちみつ、昆虫ゼリー、ミールワーム、乾燥赤虫、テトラフィンなどが手に入れやすくておすすめです。欲をいえば、シロアリ、レッドローチ、などの昆虫を多く用意できるといいですが、はじめての場合難しいと思いますので、最初にご紹介したエサを中心に与えてみてください!

クロナガアリの場合は上記エサでは飼育できません。カゼクサの種子などを主食にする珍しい蟻ですので、飼育する場合は小鳥のエサがクロナガアリのエサとして代用できます。


アリ飼育の基本

ここからは、実際に蟻を購入してから飼育をスタートさせるときを想定して、飼育の基本をご説明していきます。

蟻が到着したら、蟻たちが生きているかをまずは確認!

生体ですから、輸送中に死んでしまうこともゼロではありません。到着したら真っ先に蟻が無事確認しましょう。万が一死着していた場合は、購入先にすぐに連絡しましょう!ネット専門店で購入していたなら保証してくれるはずです。

蟻の飼育ケースや餌場をセットしよう

アリの販売店で有名なAntRoomさんでは、蟻を購入すれば平型ケースがついてきます。ですから、蟻を飼育ケースに移動させる必要がないので初心者の方にはおすすめです。この場合はアリの飼育ケースと餌場をチューブで繋げばセットは完了です!もしも、簡易的なケースに入れられたアリのコロニーを購入された場合は、蟻を飼育ケースに移動させる必要があります。

蟻を飼育ケースをに移動させる方法

買った蟻のケースと飼育ケースをチューブで繋げない場合は、透明で大きめのタッパーを用意しましょう。

  1. そのタッパーにベビーパウダーを壁面に満遍なく塗ります
  2. アリ飼育ケースの石膏面に水分を注入します
  3. 飼育ケースをアルミホイルでキレイに包みます(チューブの穴は開けたままにしておく)
  4. タッパーに飼育ケースを設置します
  5. 蟻が入っているケースは蓋を開けてタッパーに入れます
  6. タッパーに蓋をして1日〜2日ほど待ちます

この方法でアルミホイルで遮光した飼育ケースに移動してくれるはずです。短時間で移動させたければ、タッパーにライトを当てます。アリは光を嫌って暗がりの飼育ケースに移動してくれるはずですよ!

飼育ケースに水を注入するタイミングは?

アリの巣の給水
1ヶ月から2ヶ月に1回のタイミングで水を給水します。石膏は白いので水が乾いているのか湿っているのかがわかりにくいのが難点です。ですから定期的に水を入れる習慣をつけましょう!その際、水を注入する専用の穴があるのと無いのとでは管理のしやすさが大きく違いますので、平型飼育ケースを購入するときは水補給用の穴をつけるオプションを必ずつけるようにしてくださいね。

エサを与えよう

餌やりはアリ飼育でも楽しいイベントの一つですよね!しかし、アリにエサを与えすぎるとエサが腐って悪臭やカビなどが発生し不衛生になってしまいます。最初は10匹から50匹くらいのコロニーでしょうから、少なめに与えるようにしましょう。次の日にエサが食べ残されていたら、そのままにせず回収して清潔に保つようにしておくことが大切です。

エサのパターン例

  1. 「高たんぱくゼリー」をそのまま
  2. メープルシロップをそのまま
  3. はちみつを水で薄めて
  4. 乾燥赤虫を水で戻して
  5. 黒糖と水とテトラフィン
  6. メープルシロップと”ほんだし”と水
  7. ミルワームを3等分して

いろいろな組み合わせがありますので、自分オリジナルのエサを見つけ出してみてくださいね!

夏場の飼育

アリの飼育で一番難しいのが夏の暑さです。アリは30℃を超える室内では弱ってしまいます。その状態が続けばコロニーが全滅してしまう恐れもあります。ですから夏場の管理には十分注意が必要です。具体的には、一日中エアコンで28℃以下にする、などの対策が必要になってきます。保有コロニーが少数の場合は発泡スチロールなどの大きめの保冷ケースに保冷剤を入れて管理する方法があります。この場合、保冷ケース内の温度にムラが出やすいので冷えすぎないように調整しながら管理します。

冬場の管理

日本のアリなら特に何も対策しなくて大丈夫です。屋外のアリは冬眠しますが、室内だと温度が高めになるので完全に冬眠することはありません。(※室温によります)そのため、餌やりの頻度は下がりますが、たまに液体系のエサを与えます。熱帯系のアリだと、冬の寒さはNGです。温室を用意して冬場も20℃以上を保つ必要があります。

巣が大きくなったら

2年、3年とたつと、アリの巣(コロニー)は100匹単位の大きなコロニーになります。コロニーの大きさに合わせて飼育ケースも追加したり大型の石膏巣に引っ越しさせたりしてあげましょう!汚れてしまったら、たまには掃除をしてあげることもアリの長生きのためには重要です。
そして、コロニーが成熟すると形の違う兵アリや羽の付いたオスアリ、新女王アリが羽化するところを目にすることができるようになります。長期的に飼育しないとみられない感動的な光景ですので、アリの飼育を始めたら飽きることなく数年、十数年という単位でアリのコロニーを飼育していただければと思います。その助けに少しでもなれれば幸いです。